2009年01月10日(土)

ドコモのプッシュ+リアル連携の実証実験

研究に関するりばにしの記事

ドコモが携帯電話を使ったコンテキスト適応型サービスの実証実験を行うらしい.

専用アプリで“プッシュ+リアル連携”――「ケータイ旅人サービス」をチェックする – ITmedia +D モバイル

利用者の居場所や行動に応じて、最適な観光コンテンツを提供――。ドコモが携帯電話を使ったこんな実証実験を開始した。キーワードは「行動履歴の活用」「情報のプッシュ配信」「リアル連携」。

from plusd.itmedia.co.jp at 2009年01月09日23時16分

「ユビキタス特区事業」の実験とのこと.

ドコモが沖縄県名護市で行う「ケータイ旅人サービス」とは – ITmedia +D モバイル

TTドコモ、沖縄県名護市、名護総合学園名桜大学、NTT西日本が、ユビキタス特区事業、「ケータイ旅人サービス」こと「携帯電話による観光動線誘導サービスの実証」の報道関係者向け説明会を開催した。実験は1月31日から3月1日まで行う。

from plusd.itmedia.co.jp at 2009年01月09日23時19分

リンク先に書いてありますが,端末の貸し出しが20台用意されているとか.

「ユビキタス端末技術の研究開発」の成果も絡んでいるらしい.

専用アプリで“プッシュ+リアル連携”――「ケータイ旅人サービス」をチェックする – ITmedia +D モバイル

今回の実証実験で使用されるアクティブマーカー。特定省電力通信とBluetooth通信を内蔵し、バッテリーで駆動する。これはドコモが参加した総務省「ユビキタス端末技術の研究開発」(アクティブリーダー/ライター)の成果を用いたものだという。

from plusd.itmedia.co.jp at 2009年01月09日23時16分

一度見ておきたいなぁ.

2009年01月10日06時00分 | Permalink
Trackback URL
Comment Form